fc2ブログ

【求人コラム】接客は「不真面目」なくらいがいい!

5_R_202110032243275da.jpg

『接客は「不真面目」なくらいがいい!』

接客は真面目にしないことです!

風俗の接客では、真面目にしないことで接客がうまくいく、お客様が喜んでくれることがあります!

接客を100%真面目にすることは、お客様から見ると「堅苦しい女性」「面白くない女性」と思われてしまうことがあります。それは「真面目」というだけで、何もかもが業務的に見えてしまうからです。

逆に真面目に接客してる女性は、すぐに疲れてしまって疲れが顔に出てしまいます。そうすることで集中力が欠けて、サービスの質が落ちてしまうことでしょう。

仮にプライベートで彼氏と一緒にホテルで遊んでる時は、真面目にカチカチで接していませんよね。気を緩めて気楽に過ごしていると思います。それは疲れないし楽しいし、彼氏もきっと頼んでくれてると思います。それと似てますね。

真面目にしようと思えば思うほど、体が硬くなって動きもぎこちなくなり、お客様から見ても楽しく思えないと思います。

仕事ではあっても、気持ちを楽にして彼氏と過ごすような気持ちで接客することでお客様にはそれが良いと思います。

不真面目という言葉が適してるかわかりませんし、けしてサボってるわけでもありません。それがベストな接客なのです!

つまりお客様に喜んでもらうには、場面に応じて力を入れたり緩めたりすることでバランスが取れるのです。最初から最後までカチカチに真面目接客してしまうと、逆につまらなくなってしまいます。

 
 
  
 

関連記事