FC2ブログ

【求人コラム】コロナ禍で収入減少・・・でも「浪費癖」が治らない!

1_R_20210822231454579.jpg

まだまだ油断は出来ない新型コロナウイルスですが、ワクチン接種が始まったものの、いつになったら、以前のような生活が戻って来るのか不安でたまりませんよね。しかし収入は減ってるものの、コロナ禍前の生活のリズムがなかなか治らなくて、浪費癖がついつい・・・って女の子も少なくはありません。浪費癖を治すには、とにかく「貯金」が一番と言われています。そこで今回は、風俗で働く女の子の浪費癖解消法と貯金の方法をお話し致します。

▼この時期に需要なのは「貯金」です!

コロナ禍で収入減少が止まりません。以前からコツコツと貯金をしていた方なら、少しずつ貯金を下して生活をしている女の子も多いと思います。しかし、景気の良かった頃の「浪費癖」が今でも治らなくて、どんどん使ってしまう・・・という女の子もいるでしょう。

まずは浪費癖を治して、貯金をすることをおすすめします。たくさん貯金をすることが難しい場合は、ちょっとづつでも貯めることが、必ず今後の為になるので、しっかり気持ちを入れ替え貯金をするのが大切です。

▼もしもの時の「貯金」が助かります!

このように貯金を普段からコツコツと貯めていれば、今回のようなコロナの影響があっても、しばらくは生活が続けていけると思います。今回のコロナだけではなく、今後の為にも貯金をするのが風俗で働いた、もっとも大きなメリットです。高収入を稼ぎやすい女の子にとって、実は貯金はうってつけのチャンスなのです。それを浪費癖が原因で無駄遣いをしてしまうのは、とても勿体ない。もちろんストレス解消の為も必要ですが、無駄遣いほど後で後悔するものです。今からでも遅くはありませんので、貯金をすることを心がけましょう。

※月に5万円貯金するだけでも年間60万円の貯金が出来ます。10万円で120万です。万が一、コロナで生活が苦しくなっても、貯金があればつないでいけますよね。

▼浪費癖を治すポイント

① 家計簿をつける
② 生活費と娯楽費を分ける
③ 貯金目標金額を決める

①~③の金額を決めて、1日平均いくら稼がなければならないかを計算し、1ヶ月の出勤日数を目標にするのが、お仕事にも身に入ると思います。

関連記事